2011年10月02日

自然から学ぶ生きる智慧〜ホリスティックライフ

やっと最近、

いま、この瞬間を感じたり、
立ち止まったり、
人のつながりに、あったかくなったり

日々がとてもたのしかったりしますかわいい


でもやっぱり”便利”だいすき!


"iphone"や"HDD付きブルーレイレコーダー"や"パソコン""テレビ"なしの生活なんて
考えられない!!


でも、さまざまな、災害、事故、で、

「なにが本当に大切なのか?」

考える機会が私にも、みなさんにも、訪れてきてるんじゃないでしょうか?


そんななか、今日は

「持続可能な未来につながるホリスティックライフ
 〜自然から学ぶ生きる智慧」


というテーマで、

「地球や人にとって、大切なことはなんなのか?」

を、独自に探究し、さまざまなライフスタイルや職業で

それを体現されている方々の講演会を聴きにいきました。


メインは、NHKBSで放映の「猫のしっぽ」という番組の
ベニシア・スタンリー・スミスさん

イギリス人のおばちゃんですが、
京都の大原で古民家を改築して住んでいます。
ハーブやガーデニングでナチュラルライフをされていて、
一般的な日本人よりも、日本の良さを体現されている人。

すっごい気さくで、お話も笑えて、聴いていてホッとする感じ
丁寧に日々を過ごし、物を人を慈しんでいる姿は、
物に埋もれて暮らしている私には
とってもうらやましく、すてきに見えます揺れるハート


他には、福島でパーマカルチャーを実践し、
自然の中に暮らし、共生し、自然から学んでいる
安珠さんというアロマセラピストさん。

原発事故の被害にあわれた福島の中で、
国などを批判するより、自分たちでなんとかしてゆこうと
いろんな活動をされているそうです。


あとは、
穂高養生園という施設を安曇野で自ら作り、
人が健康で過ごすために、さまざまな活動をされている福田さん。

その方は、人の健康を守るには
 ・食事
 ・運動
 ・リラックス(?)
が大切だって気付いて、マクロビの食事、ヨーガや森林散歩など
さまざまなイベントを企画運営しているんですって。


あとは、
内科のお医者さんで、山を買い、朝霧高原診療所を作り、
人をホリスティックに、治していくために
地域に根差した統合医療の実践をされている山本さん。

ここは、ヨガ・吹き矢・色彩・アロマ・ノルディックウォーキングなど
さまざまなケア方法を実践して、ひとをトータル的にケアをしていく診療所です。

すてきですよね〜グッド(上向き矢印)
近くにあったらなぁ


聴いていて感じたのは、

みなさん、スタートは違うけど

行きつく先はいっしょだってことでした。


結局「人間にとってなにが大切か?」を追求したら

人間も自然の中のひとつとして
自然の恵みや営みの中で、日々目の前にある瞬間に感謝し、
自然と共生していくこと



そして
自然を感じ、自然に逆らわずいると
ストレスに飲み込まれることなく
すくすくと暮らせて

それが、人の心身にとって、自然なことなんやなぁ

って、改めて感じました。


といって、いきなり都会を捨て、山奥には暮らせないですよねっふらふら

だから都会にいながらも、自然に逆らわない暮らしを

すこしずつでいいから、実践していこうって思ってます。


とりあえず、
お日さまと共に起きて、21時には寝る
というのが基本ですから、これを試してみます!

って、深夜にブログを書いている私・・あせあせ(飛び散る汗)

三食ちゃんと食べる とか
3日に1回でもいいから散歩にいってみる とか

まずは自分でできることから

一歩一歩、できることを積み重ねていきましょうねっぴかぴか(新しい)
posted by まぁやん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228514898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 尼崎情報へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。